買っちゃった!SIGMA DP2 Merrill

フルサイズ機の上を行く解像度をもつMerrill

dp2_merill_product_img
かねてから密かに狙っていた SIGMA DP Merrillシリーズ
小さいボディに見合わない、とんでもない解像度が特徴のコンパクト?カメラだ。

2012年の発売開始当時は10万円近くの価格だったので高嶺の花で、たまにネットに出てくるユーザーの作品をただ眺めているだけだった。

それが、ここに来て約半額の4万円台後半となり、にわかに購買意欲が出てきた。

本当は、ゆくゆくは一眼のフルサイズを買うつもりだったけれども、それは先に延ばすことにした。

例えばキヤノンEOS 6Dならば、ボディ新品が約15万円。その3分の1でDP Merrillシリーズが買えてしまう。
それもレンズ付きで。

そう、フルサイズを買うのは、風景写真をキッチリ解像度で撮りたかったのと、ボケの美しさ。これが理由だったのだが、SIGMA DP Merrillシリーズは、コンパクトなボディのくせにこれをこなしてしまう。

解像度だけなら、フルサイズの一眼を上回る見栄えだ。それは、SIGMA独特のセンサーである Foveon X3
というRGBを3層で取り込むセンサーが実現させている。

初めて等倍写真を見た時は「なんだこれは!」状態だった。(公式サンプルギャラリー)

電池の持ちが悪かったり、データの書き込みが遅かったり、現像に手間がかかったりなど、数々の出来の悪い部分があるのだけれど、それが逆に可愛く思えるほどの解像度の良さ。

これで、フルサイズ機を買わなくても満足できると判断したからだ。

さて、広角・標準・中望遠のどれを買うか

実は、このDP Merrillシリーズは3種のレンズを持つボディがラインナップされている。

・広角 19mm F2.8(35mm換算28mm相当)を搭載する DP1 Merrill
・標準 30mm F2.8(35mm換算45mm相当)を搭載する DP2 Merrill
・中望遠 50mm F2.8(35mm換算 75mm相当)を搭載する DP3 Merrill

広角のDP1と標準レンズを搭載するDP2のどちらを選択するかで悩んだ。巷の強者のように3台のDPシリーズを揃えられれば悩まくても良いのだが。

結局、風景と街撮りが主になるだろうから、まずDP2を選ぶことにした。

で、これ。
th_E7D_2383th_E7D_2366th_E7D_2374th_E7D_2373

フードとケースも付けました

このDP2 Merrillのボディは四角い箱にレンズが付いているだけの素のデザインで、スッキリして悪くはないのだが、やはりシャッターを押すときのグリップがほしい。

また、ボディ表面がサラッとし過ぎなので、これは手を滑らせて落とすなと思ったので、グリップ兼用の革製ハーフケースを奢りました。

これ、
 GARIZ/ゲリズ シグマ DP3 Merrill/DP2 Merrill/ DP1 Merrill用 Genuine Leather Camera Halfcase(楽天リンク)

商品はこのシリーズだけれど、札幌のヨドバシで仕入れました。なかなか具合は良い。

電池・メディアの交換に便利なように裏蓋にアクセスしやすくデザインされているのだが、少々蓋を開けづらいので黄色いテープを貼って取手を付けたのでちょっとカッコ悪い。それは加工し直すつもり。

まだ、載せられるような写真を撮っていない

で、DP2 Merrillで撮った写真は無いのかって?

はい、まだ載せられるようなのは無いので精進いたしますはい。

コメントを残す