JRタワーに上ってきた Sigma DP2 Merrillで夜景撮影

はじめて上った札幌 JRタワー展望室

札幌で一番背が高いビル「JRタワー」は38階建て。その最上階、地上160メートルの位置に展望室がある。

もちろん入場は有料で、大人の一般料金は700円(1人・当日券)なのだが、先日の「土門拳写真展」に行った時に、この展望室の入場半額券をもらい、それが今月末までの期限だったので、空き時間に上ってみました。

これまで、上る機会がなかったので初めての経験です。
もちろん、持って行きましたMerrill君。

 Sigma DP2 Merrill 13sec f/11 ISO100 Aperture-priority AE 0EV 三脚使用
Sapporo 20140220

 Sigma DP2 Merrill 10sec f/11 ISO100 Aperture-priority AE -0.7EV 三脚使用
Sapporo nightview

ほんとにたくさん撮った。仕事忘れて、2時間いました。
そして、家に帰ってから現像して、その解像度を確認してニヤニヤするの。
たぶん、SIGMAのFoveonユーザーはみんなそうなんじゃないかな?

また、Merrill君にアクセサリーを

DP Merrillシリーズには、水準器が電子版もアナログ版も付いていない。
風景撮りが多いだろうから需要があるに違いない。

だから、多くのユーザーさんはアクセサリーシューに付けられる水準器を持っている。
買いました、JRタワーにいく前にヨドバシで。

こういった水準器は、その多くが黄緑色であるのは何故なのか?
三脚や雲台に付いてるやつも黄緑色が多いですよね。

Merrill君に付けるには黄緑色は似合わないと思ったので、違う色をさがしたところありましたよ。
th_E7D_2622
th_E7D_2617
th_E7D_2619

HCL(堀内カラー)ニューツーウェイ水準器 アクセサリーシュー用
日本製 ハンドメイドらしい。現像所から出発したプロ用ラボやアクセサリー用品など、いまや写真全般に関わるものを扱う会社。この水準器も精度がいい。

水準器は安いのもたくさんあるけれど、良い物を買ったよ。
これで、簡単に水平が取れるので持ち歩きます。これも。

いやー、持ち歩きのモノが増えて、バッグがほしいよ。今度の沼はバッグか。

コメントを残す