紅葉の京都 人混みの少ない癒やしスポットを巡る (3)

紅葉の京都 人混みの少ない癒やしスポットを巡る (2)のつづき

北野・上七軒の次は、市バスで今出川通を東へ、出町柳へ向かいました。
出町柳は、出町柳から比叡山と鞍馬を結ぶ叡山電車の起点。
DP2M3505

出町柳駅では、叡電1日乗車券『えぇきっぷ』を購入。
このきっぷ、叡山電車が1日乗り降り自由になるのと、沿線の約40か所で利用できる優待特典も付いたお得な乗車券なのだ。

このきっぷを手に、ここから900系の展望列車「きらら」に乗って、まずは「貴船口」に向かった。

DP2M3506DP2M3568

貴船は夏の川床だけじゃない

ここからは、バスに乗って貴船まで。
京都バスが、貴船口から貴船神社の近くまでバス運行をしている。
この路線は、「京都観光1日・2日乗車券」では乗車できない。運賃は、大人片道160円でした。

距離は2km位なので歩いて行ける距離なのだが、雨が振りだしそうな雲行きだったのでバス移動。
貴船で帰りの時刻表をチェック。
IMG_20141031_143501

貴船は、京都の奥座敷として知られるところ。
夏には、貴船川に川床が設けられるところで、夏の京都を代表する写真でよく見る風景。

秋は、川床は片付けられている貴船川だけど、代わって紅葉がキレイになってくる。
DP2M3557
貴船神社もいい雰囲気でした。
京都貴船神社京都貴船神社

貴船川と並んで、府道に沿って川床でも有名な風情ある料理旅館が建ち並ぶ。
京都貴船 ふじや
やはり夏にも訪れてみたいものだ。

実は、この貴船から鞍馬まで、山道を抜けて歩いていけるという。

貴船神社のやや南方に貴船川を渡る小さな赤い橋がある。
その橋を渡るとすぐに「鞍馬寺西門」という文字が地図にあるのがお判りだろうか。
もう、そこは鞍馬寺の敷地内になるのだ。
今回は、雨が振りそう(もう既にポツポツきてた)なので やっぱりパス。

鞍馬は牛若丸が10年過ごした場所

バスにて、貴船口駅まで戻ってきました。叡電1日乗車券「えぇきっぷ」もあるしね。
京都 叡山電鉄貴船口駅
こんどは、800系電車で「鞍馬駅」へ。
DP2M3576DP2M3577DP2M3586
鞍馬は、源義経が幼少時(幼名:牛若丸)に過ごした場所。鞍馬天狗にちなんで、天狗のお面がいたるところに置いてあります。

そして、京都の市街からは結構離れているので、駅前もしなびた雰囲気。
DP2M3587DP2M3590

141207-0002鞍馬駅の駅舎横には、アニメ「有頂天家族」の『偽叡山電車』が!
 叡山電車 「有頂天家族」コラボラッピング車両運行について(PDF)

鞍馬駅からは、再び展望列車「きらら」に乗車。
でも、まっすぐ出町柳には戻らない・・・。

一乗寺駅で下車

アニメ「けいおん!」で有名になった「修学院駅」の次「一乗寺駅」で下車。
IMG_20141031_164631IMG_20141031_164609

一乗寺駅から歩いて3分ほどにある、ここがここでの目的地。
IMG_0410IMG_20141031_162913
 恵文社 一乗寺店

この本屋さん、かの英国の新聞社「ガーディアン」が選ぶ世界の最も素晴らしい本屋の10店のうちのひとつなのだ!

ここは「本のセレクトショップ」。置いてある、本・雑貨・雰囲気のどれもこれもすばらしい。
ここで、この本と、思わずオリジナル・エコバッグも買ってきましたよ。

 恵文社一乗寺店・店長ブログ「何を読んでも何かを思い出す」台湾流左京区案内本『左京都男子休日』

一乗寺からは、また叡山電車で出町柳駅へ。
700系の有頂天家族ラッピングカーでした。
IMG_20141031_165018IMG_20141031_165501IMG_20141031_165511

まとめ

京都。
どんな街でもうんと資本を注入すれば東京のような大都会になりうるだろうが、京都にはなれない。
京都には、ほかのどの街にもない歴史と空気があるのだ。

だけど、ちょっと人が多すぎだよね。京都。
One Second of The Kyoto Station
次回行くときは、もっとディープにはまってみたい。
もっと、勉強しないと。

コメントを残す