Apple , Whippet &…

旭川嵐山でスノーシュー・トレッキング(1)

旭川市の嵐山って?

北海道の旭川にも「嵐山」があるんです。まずは旭川市公園緑地協会の公式サイトでの説明引用から。
 http://www.asahikawa-park.or.jp/park/special/arashiyama.html

嵐山公園は、旭川営林局所管の国有林地区を昭和32年に無償貸与を受けたことに始まります。水源涵養林、風致保安林の指定地区であることから、樹林保存と市の外周に緑を残した市民レクリェーションの場として整備を図り、昭和40年11月風致公園として開園しました。

市の中心部から西方約5kmの山岳丘陵地にあり、明治期に開拓使が視察の折、京都の嵐山に似ていることから名付けたとされており、「嵐山と嵐山からの眺望」は旭川八景に選定されています。

春から秋にかけて行楽や散策、遠足等の場として多くの市民が訪れ、冬にはスノーシューを使った散策が楽しめます。

嵐山公園の頂上にある展望台から、眼下に旭川市街を一望できる。
石狩川を手前に、大雪山系の山々を背景とするその風景は、観光などのサイトやTV番組で、旭川市を代表する風景として必ずと言っていいほど使われる眺望である。
Asahikawa Mt.Arashiyama Park

北邦野草園

公園の一部は「北邦野草園」。冬季間は閉鎖している。これも公式サイトの引用を。
 http://www.asahikawa-park.or.jp/facilities/park/yasouen.html

北邦野草園の歴史は、1972(昭和47)年5月に旭川営林局が市民の散策や交流、営林局職員の研修を目的に計画し、国有地に開設したことに始まります。開拓される前の豊かな森林植物の復元・保護をはかるため、自生種を中心に北邦系の植物が収集され、展示されています。
1998(平成10)年4月に旭川市の所管となり、2006(平成18)年には嵐山公園センターが新設されました。

Asahikawa Hoppo-Yasouen Park

旭川市の所管だけれど、実は旭川市じゃない!

この区域、公園も公園センターも旭川市の所管だけれど、実は公園の部分のほとんどは「上川郡鷹栖町」の行政区域なのだ。
下の地図のグレーの部分が鷹栖町。
160203-0001

新しいスノーシューを履いて

Asahikawa Mt.Arashiyama Park
そして先日、標高は253mの展望台まで、新しいスノーシューでGo。

その2へ続きます

Pocket
Share on LinkedIn
LINEで送る

コメントを残す

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes