Apple , Whippet &…

Google Play Musicを使ってみた

Google-Play-MusicGoogle Play Musicは、自分が持っている音楽データをクラウド上にアップロードしてストーリーミング再生することができるサービス。
1つのアカウントで20,000曲を保存することができる。音楽のバックアップにもよろし。

しかーし、日本からではそのまま使うことができないの。
登録時に、ちょこっと細工をすれば、あとはネットに繋がっていれば、ブラウザや対応アプリを使って、パソコンやiPhone/iPadなどのiOS機器、もちろんAndroid機器などで再生ができるのだ。

 Google Play Music

登録方法は先人のサイトをググってもらうとして、しばらく使ってみた感想などを少々。

    ・MacBook Airの iTunesデータは、外付けHDDに入れてるのだけれど、聴くのであればいちいち付けなくても良くなった。
    ・iTunesに新規に入れたデータも、設定すれば自動でアップロードしてくれる。
    ・ネットに繋がれば聴ける。端末に音楽データを入れなくて済む。だから次は小さいストレージのものを買えば良い。
    ・再生アプリが充実していない。公式iOSアプリが出る噂があったけれども。
    ・当たり前かもしれないけれど、日本語が文字化けするのがある。
    ・instant mixというランダムプレイリストを作ってくれるのがお気に入り。似たようなジャンルの曲を集めてキューを作ってくれる。

131110-0001131110-0003

まだまだ、日本では正式に使えそうもないけれども(あの音楽業界のことだから!)、とても便利に使わせてもらっています。
20,000曲のキャパのうち、現在 1,542枚のアルバム/15,360曲が入った。全部アップするのに、まる1日以上かかったけれど。
一応、これは立派な有形(?固定/流動?)資産ですな。
 




 
 
 

コメントを残す

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes